KANE

金廣 優一 (Yuichi Kanehiro)

岡山県出身

岡山大学, 博士(工学)

[専門]DNA編集酵素 ・非結核性抗酸菌・肺炎クレブシエラ

kanehiro (A) med.shimane-u.ac.jp   (A)は、アットマークへ変更

これまでに遺伝子工学,抗体工学,細胞工学,感染症学,細菌学を学んできました。今後は視野を広く持ちつつ自分にとって必要なことを取捨選択しながら日々努力していきたいと思っております。

論文

  1. Kawaguchi Y, Nariki H, Kawamoto N, Kanehiro Y, Miyazaki S, Suzuki M, Magari M, Tokumitsu H, Kanayama N. SRSF1-3 contributes to diversification of the immunoglobulin variable region gene by promoting accumulation of AID in the nucleus. Biochem Biophys Res Commun 485 (2) : 261-266 (2017) New!!
  2. 吉山裕規、金廣優一、Kim Hyoji、Muhtar Amrizal、Ricardo Timmy、飯笹久. 感染に伴って起こるがん: Epstein-Barrウイルス関連胃癌を中心に.  島根医学  36: 1-6 (2016).
  3. Iizasa H, Ishihara S, Richardo T, Kanehiro Y, Yoshiyama H. Dysbiotic infection in the stomach. World J Gastroenterol 21 (40): 11450-11457 (2015).
  4. Tatano Y, Kanehiro Y, Sano C, Shimizu T, Tomioka H. ATP exhibits antimicrobial action by inhibiting bacterial utilization of ferric ion. Sci Rep 5: 8610 (2015).
  5. Nishikawa J, Yoshiyama H, Iizasa H, Kanehiro Y, Nakamura M, Nishimura J, Saito M, Okamoto T, Sakai K, Suehiro Y, Yamasaki T, Oga A, Yanai H, Sakaida I. Epstein-Barr virus in gastric carcinoma. Cancers 6(4): 2259-2274 (2014).
  6. 冨岡治明,多田納豊,金廣優一,佐野千晶,清水利朗:性状と機能を異にするマクロファージポピュレーション:免疫抑制性マクロファージとの関連から.島根医学 32(3): 1-9 (2012).
  7. Tomioka H, Tatano Y, Maw WW, Sano C, Kanehiro Y, Shimizu T. Characteristics of suppressor macrophages induced by mycobacterial and protozoal infections in relation to alternatively activated M2 macrophages. Clin Dev Immunol 2012: 635451 (2012).
  8. Kanehiro Y, Todo K, Negishi M, Fukuoka J, Gan W, Hikasa T, Kaga Y, Takemoto M, Magari M, Li X, Manley JL, Ohmori H, Kanayama N. Activation-induced cytidine deaminase (AID)-dependent somatic hypermutation requires a splice isoform of the serine/arginine-rich (SR) protein SRSF1. Proc Natl Acad Sci U S A 109 (4) : 1216-1221 (2012).
  9. Magari M, Kanehiro Y, Todo K, Ikeda M, Kanayama N, Ohmori H. Enhancement of hypermutation frequency in the chicken B cell line DT40 for efficient diversification of the antibody repertoire. Biochem Biophys Res Commun 396 (2) : 353-358 (2010).

研究助成等獲得状況

文部科学省科学研究補助金

平成28年度 島根大学「若手教員に対する支援 “New”

平成27-28 年度 若手(B) 代表:金廣優一

平成26-28 年度 基盤(C)(代表:飯笹久)     分担

平成25-28 年度 基盤(C) (代表:佐野千晶) 分担

平成23-24 年度 萌芽     (代表:冨岡治明) 分担

平成22-24 年度 基盤(C)(代表:清水利朗) 分担

その他 平成25年度 島根大学「若手教員に対する支援」

学会発表

  1. 串田健,山崎権也, 井上和恵, 岡山展久, 金廣優一, 笹井燕, 川上夏奈江, 池田美香, 曲正樹, 大森斉, 金山直樹: ヒト型キメラ抗体を発現するニワトリB細胞株を用いた抗原特異的モノクローナル抗体の作製 第34回日本分子生物学会年会、2012年3月5日 横浜
  2. 冨岡治明,多田納 豊,金廣優一,佐野千晶: Mycobacterium smegmatis感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討 第42回結核・非定型抗酸菌症治療研究会、2011年12月3日 東京
  3. 冨岡治明,佐野千晶,多田納豊,金廣優一,清水利朗: Mycobacterium avium complex感染マウスで誘導される免疫抑制性マクロファージのTh17誘導能について. 第42回結核・非定型抗酸菌症治療研究会, 2011年12月3日, 東京
  4. 金山直樹, 金廣優一, 藤堂景史,根岸美咲, 福岡純司, 曲正樹, Xialu Li, James L. Manley, 大森斉:AID に依存したIgV 変異には, SRタンパク質SRSF1のスプライスアイソフォームが必要である 第回日本免疫学会総会、2011年11月28日 千葉
  5. 金廣優一,多田納豊,佐野千晶,冨岡治明: Mycobacterium smegmatis感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会、2011年10月23日 岡山
  6. 多田納豊,佐野千晶,金廣優一,清水利朗,冨岡治明:Mycobacterium avium complex感染マウスで誘導される免疫抑制性マクロファージのIL-17産生T細胞誘導能についての検討 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会、2011年10月23日 岡山
  7. 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,清水利朗,冨岡治明:Mycobacterium avium complex感染により誘導される免疫抑制性マクロファージのIL-17産生T細胞の誘導についての検討 第81回日本感染症学会西日本地方会、2011年10月7日 小倉
  8. 多田納豊,金廣優一,佐野千晶,冨岡治明:抗酸菌感染マクロファージのアポトーシスに連動した殺菌能増強作用についての検討 第81回日本感染症学会西日本地方会、2011年10月7日 小倉
  9. 金山直樹, 金廣優一, 根岸美咲, 福岡純司, 曲正樹, Xialu Li, JamesL. Manley, 大森斉:AID に依存した体細胞突然変異には, SRタンパク質SRSF1 のスプライスアイソフォームが必要である 第84 回日本生化学会大会、2011年9月23-24日、京都
  10. 佐野千晶,多田納豊,金廣優一,冨岡治明:【シンポジウム】非結核性抗酸菌の細菌学的特徴とその最新知見第5回日本結核病学会中国四国支部研究会、2011年9月17日、岡山