教室研究業績:和文(2014年〜)

◎2020

  1. 坂田健一郎、北山善政、飯笹久*. RNA編集酵素とがん. Med Sci Dig 46(9):570-571 (2020) . (*Corresponding author) New!!
  2. 金廣優一飯笹久宇婷丁丹上野詩織、飯田慶治、吉山裕規*. ヘルペスウイルス感染症の特徴 [第126回生涯教育講座] . 島根医学 39 (3): 113-120 (2020). (*Corresponding author)

◎2019

  1. 吉山裕規, 飯笹久, キムヒョジ(出願人 国立大学法人 島根大学). Epstein-Barrウイルス関連癌に特異的な抗腫瘍剤. 特開2019-038755 (2019)

◎2018

  1. Amrizal Muchtar飯笹久*RNA 脱アミノ化. [増大特集]タンパク質核酸の分子修飾.野々村禎昭、岡本仁、松田直行、栗原裕基 編集. 生体の科学(金原一郎記念医学医療振興財団/医学書院)69(5): 394-395 (2018)
  2. 金廣優一. EBウイルス感染胃上皮細胞腫瘍化におけるAPOBECの発現に伴うミトコンドリア機能障害に関する研究(平成29年度若手研究者表彰).島根大学お宝研究(特色のある島根大学の研究紹介), 12: 32(2018)
  3. 金廣優一上野詩織吉山裕規*. ヘルペスウイルス感染症の動向.月刊 臨牀と研究 別冊(大道学館), 95 (4): 329-333(2018)(*Corresponding author)

◎2017

  1. 柳井秀雄、千原大典、村上知之、西川潤、中村宗剛、佐々木翔、坂井田功、飯笹久吉山裕規. EB ウイルス関連胃癌胃.特集:内視鏡検診時代の胃診断学-胃粘膜を観る!胃癌を診る! 消化器内視鏡(東京医学社), 29 (7): 1252-1260(2017).
  2. 吉山裕規, 飯笹久, キムヒョジ(出願人 国立大学法人 島根大学). Epstein-Barrウイルス関連癌に特異的な抗腫瘍剤. 特願2017-160164 (2017)
  3. 金廣優一飯笹久吉山裕規*. Epstein-Barrウイルス関連がんとRNA/DNA編集酵素. 月刊 「細胞 」(ニューサイエンス社) 49 (8): p37-39 (2017). (*Corresponding author)
  4. 金廣優一飯笹久吉山裕規*. EBウイルス感染症(特集:古くて新しい日和見感染症). 臨床と微生物 (近代出版) 44 (1): p69-76 (2017). (*Corresponding author)

◎2016

  1. 飯笹久*. 疾患におけるA-to-I RNA編集酵素ADAR1の役割(特集:DNA/RNA編集研究の新たな眺望). Seikagaku (日本生化学会雑誌) 88:593-599 (2016). (*Corresponding author)
  2. 村松正道、飯笹久. DNA/RNA編集の新たな眺望(特集:DNA/RNA編集研究の新たな眺望). Seikagaku (日本生化学会雑誌) 88:555-556 (2016).
  3. 吉山裕規*金廣優一Kim HyojiMuhtar AmrizalRicardo Timmy飯笹久. 感染に伴って起こるがん: Epstein-Barrウイルス関連胃癌を中心に.  島根医学  36: 1-6 (2016). (*Corresponding author)
  4. 飯笹久Hyoji Kim吉山裕規*. EBウイルス関連胃癌研究の最近の動向. EBウイルス関連胃癌. 診断と治療社 p32-35(2016). (*Corresponding author)
  5. 金廣優一Richardo Timmy飯笹久吉山裕規*. EBウイルスの胃上皮細胞への感染と不死化. EBウイルス関連胃癌. 診断と治療社 p53-59(2016). (*Corresponding author)
  6. 柳井秀雄、西川潤、吉山裕規、清水則夫:編集. EBウイルス関連胃癌. 診断と治療社(2016).

◎2015

  1. 飯笹久、吉山裕規*. 組換えEBウイルス作成法-遺伝子治療への応用-. EBウイルス 改定第3版. 診断と治療社 p198-203(2015). (*Corresponding author)
  2. 高田賢蔵:監修、柳井秀雄、清水則夫、吉山裕規:編集. EBウイルス 改定第3版. 診断と治療社(2015).